2013年07月21日

次女が来た。長女は、サッカーができるようになった。

昨日のキッズサッカーは、

日々、暑い日が続く中、曇りがちな天気となり、
サッカーするには、心地よい天気となった。

今日は、次女も連れてきた。
6月8日から行かなかったので、実に、1ヶ月と2週間ぶりである。
サッカーに行きたがらない次女だったが、別に、サッカーが嫌いだからでは無い。
保育園に行く時も、次女は、保育園に行きたくないと言い出す。
来てみると、来てみたで、次女は、いつもどおりの過ごし方をする。

長女も、長女で、いつもどおりの相変わらずの練習風景であった。
次女が来ると、長女は、次女の為に、手をつないで、走り回るというスタイルも
変わらずだった。

だったのだが・・

水飲み休憩に帰ってきた時に、長女がゴールにシュートしたと言ってきた。
正直、私は、もう、あまり練習風景をよくは見ていなかった。
そして、長女がゴールにシュートしたと言っても、こぼれ球があって、
シュートできたのであろうと思っていた。

休憩があけて、長女の練習風景を観てみると、まず、驚いた。
今まで、ゲームの練習中は、長女は、ボールを奪いに行かずに、
お友達の後ろを走り回っているだけだったが、

なんと、ボールを奪いに行っているではないか。
しかも、奪った後、ドリブルして、ゴールにシュートして、
シュートも入っている。

・・・ゲームが成り立っている!!!!

何があったのか!?!?と、正直、びっくりしている。
今までは、お友達のボールを奪いに行くなんて事はできなかったのに・・。

そのボールを奪いに行く度胸だけでは無い。ゲームができるという事は、
サッカーの試合の流れを理解しているという事。
つまり、一通りのサッカーのやり方を学習し、実践できるレベルになったという事だ。

学習能力と言えば、キッズサッカーに来る前に、
私が、紙ひこうきを折ってやったのだが、それを1回観ただけで、
長女は、同じ物を作って見せた。

無論、幼稚園でも、折り紙はやっていると思うので、
全ての動作を一回でできた訳では無いと思うが・・

つまり、物分かりがはやくなったという事だ。
これが、6歳になる歳の子供の理解力なのかとも思った。

次の水飲み休憩の時間、
長女に、『サッカーできるようになったのか?』と聞いたら、
長女は、『だって、ゴールにシュートしたかったから』と言った。

また、水飲みも、前回の練習時に、口に含むぐらいで、
いっぱい飲むなと私が言った事を覚えていたのか、
それを実践している。ちなみに、この日は言っていない。

練習がまた始まり、長女は、ゲームを楽しむレベルに達し、
サッカーを楽しんでいる。ここまでくれば、後は、何度も、
ゲームの実践の経験を積めば、上手くなっていく。

次女は、どことなくポカンとしている。

今まで、手をつないで、ゲーム中も一緒に走り回っていたのに、
長女がサッカーをしている事に、何かを感じとったようだ。

また、最後にやる親子サッカーでは、私の動きに、
長女は、ついてきた。

今後の長女のサッカーの成長が楽しみになってきた。







同じカテゴリー(娘の練習日記)の記事
 6月5日U-10の練習に行った。 (2016-06-07 05:30)
 女子サッカー体験会に行ってきた。 (2016-05-23 06:31)
 4月15日[日]長女U-10入会 (2016-05-21 22:52)
 長女が、U-10[新小学三年生,新小学四年生]クラス体験に行ってきた。 (2016-04-10 17:18)
 いつも通りの長女。あと1回で、長女のガールズ終了。 (2015-07-11 14:02)
 いつも通りの動き…の長女。 (2015-07-04 22:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。